Advertisements

皮膚科医のやりがい

皮膚科医 やりがい サムネイル

皮膚科医のやりがいとはどのようなものでしょうか?そこで、今回は、皮膚科医として働くやりがいや、実際の皮膚科医がいくつもある診療科の中から皮膚科を選んだ理由、さらには、皮膚科医に向いている人の特徴についてまとめてみました。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

皮膚科医のやりがいとは?皮膚科医の仕事とは?

皮膚科医は、皮膚の疾患を主に内服薬外用薬使って治療していきます。

その対象となる疾患は、アトピーなどの湿疹、火傷や虫刺されといった外傷、じんましんなど多岐にわたります。

皮膚科医 やりがい 仕事とは?

さらには、腫瘍場合には、外科手術を行うこともあります。

しかし、皮膚科医に求められることは、ただ単に、診察をして薬を処方して疾患部分を治すことだけではありません。

皮膚科で治療する疾患は、怪我などの一時的な外傷だけでなく、先天的に起きる疾患や、生活習慣体質によって起きてくる疾患もあります。

そのため、患者さんの生活や体質などを詳しく分析し、治療を進めていく必要があるのです。

さらに、皮膚科には、赤ちゃんから高齢の方までいらっしゃいますので、幅広い年齢層の患者さんに対応することが求められることになります。

皮膚科医のやりがいとは?現役の皮膚科医が語る皮膚科医を志望した理由とは?

現役の皮膚科医が、数ある診療科の中から皮膚科を選択したのにはどのような理由があるのでしょうか?現役皮膚科医の方たちが語っている志望理由は次のようなものでした。

皮膚科医 やりがい 志望した理由とは?

  • 研修中、患者さんと一緒に目で見て皮膚が良くなっている姿を共有できた経験から皮膚科医として医療を極めたいと思ったから。
  • 内科、外科、病理の多面的な診療ができ、患者さんとふれあって、治療の経過を分かりやすく共有できることに魅力を感じたから。
  • 女性医師の先輩が多く、活き活きと楽しく仕事をしていることに同じ女性として魅力を感じたから。
  • 体力に自信がないため長いオペは難しいが短い時間ならばオペがやりたい、診療から治療まで自分一人でなんでもやりたい、という自分の希望に合っていたから。
  • 処置や手術で傷が目に見えて治っていくことにやりがいと感じたから。
  • 刻々と変化する皮膚を見ていると疑問や興味が自然と湧いてきて、研究してみたいと思ったから。

このように、多くの医師が、治療の成果が目に見えて分かることにやりがいを感じたり、患者さんとその成果を共有できることに魅力を感じて、皮膚科を選んでいるようです。

皮膚科医のやりがいとは?皮膚科は患者さん一人ひとりに合わせてじっくり診察できる

皮膚科医やりがいとはどのようなものでしょうか?皮膚科は外科や内科などに比べて、比較的緊急の対応が少なく、ゆとりを持って診療にあたることができます。

皮膚科医 やりがい 一人ひとりに合わせてじっくり診察

そのため、患者さん一人ひとりとじっくり接しながら治療できるというやりがいがあります。

続いて、皮膚科は、皮膚という症状が目に見えやすい部分を治療していきます。

そのため、治療が上手くいった場合は、患者さんはもちろんのこと医師も治療の成果を実感しやすく、一緒に回復していく喜びを分かち合うことができます。

さらに、皮膚科は、その症状だけではなく患者さんの生活習慣や体質にも焦点を当てて治療を進めていきます。

そのため、患者さん一人ひとりからじっくりと話を聞き、患者と共に治療を進めていくという医療を実践できるというやりがいもあります。

皮膚科医のやりがいとは?皮膚科は臨床だけでなく研究にも取り組める

皮膚科医として働くことのやりがいとして、もう一つ挙げられるのが研究です。

比較的時間ゆとり持ちやすいため、日々の診察や処置といった臨床だけでなく、研究に取り組みやすい環境であると言えます。

皮膚科の研究分野としては、皮膚そのものだけでなく、皮膚に関係している臓器について、細胞の生理やその機能、病理について、さらには免疫機能やアレルギー、アトピーなど様々な分野があります。

皮膚科医 やりがい 研究にも取り組める

臨床の現場で患者さん一人ひとりを治療するだけでなく、日々の臨床で感じた疑問を基に研究を行い、直接患者さんに還元することができるという大きなやりがいがあります。

さらには、今後の皮膚科医療に対して大きく貢献することにもなります。

皮膚科医のやりがいとは?どのような人が向いている?

皮膚科医にはどのような人向いているのでしょうか。

皮膚科医は、診察から生検、簡易なものであれば腫瘍などの切除の手術も自分で行わなければなりません。

他の診療科と連携をとることもありますが、常に密に連携してチームで治療にあたるというよりは、個人プレー治療行うことの方が多い科であると言えます。

そのため、的確な情報処理能力や手先の器用さ、決断力などを兼ね備えた人が適していると言えます。

また、周囲と協力し合うことよりも、マイペースに仕事を進める方が発揮しやすいタイプの人が向いているとも言えそうです。

さらに、皮膚科は、アンチエイジングやシミ取りなどの美容関連の分野にも広がりを見せているので、美容への意識が高い女性医師にも向いている科だと思われます。

皮膚科医 やりがい どのような人が向いている

美容のことについては、女性の医師の方が相談しやすいという女性の患者さんも多いため、ニーズが高まってきています。

皮膚科医のやりがいとは?まとめ

ここまで見てきたように、皮膚科は、治療の成果を目で見て実感でき、そしてそれを患者さんと共有できることに大きなやりがいがある科のようです。

そして、数ある診療科の中でも、比較的時間ゆとりがあるため、臨床のみならず研究にも入れることや、プライベートとのバランスとりやすいことが考えられます。

皮膚科医 やりがい まとめ

ぜひ、進路として皮膚科を検討している方は、参考にしてみてくださいね。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

医師
転職で天職に就こう!