Advertisements

研修医の志望動機の書き方は?

研修医 志望 動機

研修医の志望動機は就職時にどのように書いたらよいのでしょうか。

就職では、志望動機が必ず必要になります。

そこで、研修医の志望動機の書き方や書く時のポイントについて説明します。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

研修医の志望動機とは

研修医 志望 動機

一般の職業と同じように、研修医にも就職活動が必要です。

以前は、医師免許を取得すると、研修医は自分が卒業した学校の医局に入局することが一般的でした。

しかし、「臨床研修医制度」が導入されてからは、研修医は「臨床研修指定病院」の中から、自分の希望する病院を選ぶことできるようになったのです。

そこで、研修医にも就職活動が必要になり、履歴書や面接などを通し、就職をする病院に志望動機を伝える必要が出てきました。

履歴書は、病院の人事担当者が採用を判断する書類です。

採用を判断する人事担当者に良い印象を持ってもらえるように、志望動機をしっかりと書く必要があります。

研修医の志望動機が重要な理由

研修医 志望 動機

志望動機は、履歴書の中でも特に重要な項目です。

人事担当者は志望動機の内容から、あなたの医師としての意欲や病院に欲しい人材かどうかを判断しているからです。

履歴書は、自分の人柄を人事担当者に知ってもらうための最初の書類になります。

つまり、履歴書で、第一印象が決まると考えていいでしょう。

病院の人事としては、できるだけやる気のある人や優秀な人を採用したいものです。

自分の意欲や魅力をアピールするように、志望動機を書くようにしたいです。

次の項目からは、研修医が志望動機を書く時のポイントや書く時の注意点について説明していきます。

研修医が志望動機を書く時のポイント

 

研修医 志望 動機

研修医が志望動機を書く時のポイントは、以下の3つです。

自分がやりたいことや興味があること書く

志望動機には、これから師としてやりたいこと、興味があることを書くと、自分の考えていることが人事担当者に伝わります。

自分の考えを書くことで、意欲がある研修医として人事担当者に興味を持ってもらえます。

就職したい病院の特色や力をいれていることを書く

志望動機には、病院の特色や力を入れていることを書きましょう。

闇雲に病院を選んだわけではなく、その病院でしかできないことを伝えると、就職したい気持ちに説得力がでます。

自分と病院の接点を書く

自分と病院の接点を伝えられると、志望動機の中で、お互いに必要な存在と感じていることをアピールできます。

自分の必要としていることができ、病院側が必要しているものが得られることを、うまく伝えていけるようにしましょう。

研修医が志望動機を書く時の注意点

研修医 志望 動機

まず、履歴書や志望動機は、できるだけ丁寧な字で書くようにしましょう。

上手な字が書けなくても、丁寧な字を心がけることで、相手に誠意が伝わりやすいものです。

ほとんどの場合、履歴書は手書きで書くことになりますが、誤字があった時には修正液や修正ペンを使わずに、新しい用紙を使うようにします。

キレイな履歴書の方が、人事担当者に良い印象を持ってもらえます。

また、志望動機には、待遇面を書かないように注意しましょう。

たしかに、医師の求人情報の中には、高収入など、待遇面で条件の良い病院もあります。

しかし、待遇面で選んだことを志望動機に書いた場合には、人事担当者としては採用するメリットを感じません。

待遇面に関しては、志望動機の中で触れないようにしたいです。

研修医が志望動機を書く前の情報収集も重要

研修医 志望 動機

志望動機を書く時には、事前の情報収集をしておけると良いです。

前期研修医、後期研修医ともに、研修先の病院に見学ができることが多いです。

ホームページや紙面の書類から得られる情報よりも、実際に病院を見学し、説明を受けてみた方が、雰囲気や働いた時のイメージがしやすいです。

就職したい病院には、できるかぎり見学をして、事前情報を収集するようにしましょう。

また、必ずしも第一希望の病院に就職できるとは限りません。

そのため、就職をする時には複数の病院に見学をして、自分の中で、就職を志望したい病院をいくつか考えておけると良いです。

研修医の志望動機の書き方 まとめ

研修医 志望 動機

研修医として就職する時には、履歴書の志望動機が重要です。

志望動機を書く時には、事前に病院を見学して、病院の情報収集をしておけると良いです。

人事担当者は、志望動機の内容から採用したい人材かどうかを判断しはじめています。

志望動機を書くポイントや注意点を確認しながら、自分をしっかりとアピールできるように、志望動機を書くようにしましょう。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

医師
転職で天職に就こう!