Advertisements

フェロー医師とは?

フェロー 医師とは

フェロー医師とはどのような医師なのでしょうか。

医学部を卒業した若手医師は、「フェロー」と呼ばれます。

フェローは、所属する病院によって、後期研修医や修練医など、他の名前で呼ばれることも。

若手医師の呼び方は、自分の卒業後の肩書きに関わってくるので、整理しておきたいです。

そこで、フェローなど、若手医師の呼び方について、説明します。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

フェロー医師とは?フェローとは?

フェロー 医師とは フェローとは

フェローとは、「後期研修医」のことです。

医学部を卒業した直後の医師は、研修医と呼ばれます

研修医になると、2年間は、法律で義務づけられた初期研修を受けます。

2年間の初期研修期間中の医師は、「前期研修医」と呼ばれます。

「前期研修医」に対して、初期研修を修了した3年目以降の医師が、「後期研修医(フェロー)」です。

このように研修医は、医学部の卒業後の期間で、「前期研修医」と「後期研修医(フェロー)」に分けられています。

また、一般的には、医学部を卒業して、3年目から5年目までの医師に対して、「フェロー」と呼ぶことが多いですが、どのくらいまでの期間までを「フェロー」と呼ぶかは、所属する病院で違ってきます。

フェロー医師とは?医師の臨床研修制度

フェロー 医師とは 臨床研修制度

医学部を卒業する年には、医師国家試験を受験します。

国家試験に合格し、医師免許を取得すると、医師の臨床研修制度を受けることが、義務づけられています。

医師の臨床研修制度とは、国家試験に合格した医師を、指定された病院で実地研修させる制度です。

実地研修を受ける医師は、「前期研修医(または初期研修医)」と呼ばれます。

「前期研修医」は、医学部卒業後に、2年間をかけて、次の分野を実地研修する必要があります。

 必修または選択  分野
 必修 内科・救急・地域医療 
 右の分野のうち、2分野が選択必修 外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科 

実地研修を修了すると、各診療科の専門医として、勉強したり、働いたりしていく「フェロー(後期研修医)」になるのです。

フェロー医師とは?フェロー、後期研修医、修練医、専攻医

フェロー 医師とは 専攻医

フェローには、「後期研修医」以外にも、同じ意味を持つ言葉があります。

それは、修練医です。

所属する病院によっては、フェローや後期研修医のことを、修練医と呼んでいます。

つまり、修練医も、「2年間の医師の臨床研修制度を修了し、専門医の研修プログラムに進んだ医師のこと」を指しています。

また、2018年4月から、新しい専門医制度が始まりました。

従来までの専門医制度の中では、専門医の研修プログラムに進んだ医師は、後期研修医と呼ばれていました。

しかし、新しい専門医制度では、後期研修医と呼んでいた名称が、専攻医」と呼ばれるようになります。

まとめると、フェロー、後期研修医、修練医、専攻医は、所属する病院によって呼び名が変わりますが、専門医制度の中では、「専攻医」と呼びます。

フェロー医師とは?なぜフェローと呼ばれるようになった?

フェロー 医師とは なぜフェロー

そもそも、なぜ、後期研修医のことを、フェローと呼ぶようになったのでしょうか?

その理由は、医師側からの患者に対する配慮がきっかけです。

後期研修医は、専門医になるための研修中ではありますが、医師の臨床研修制度を修了し、基本的な診療をすることができようになった医師です。

しかし、患者によっては、医師の呼び方に、「研修医」という名前が付いていることで、後期研修医に診療されることに、不安を抱く方もいました。

そこで、患者に、不安を抱かせないように、「フェロー」という呼び方が使われるようになったのです。

フェロー医師とは?レジデントとは?

フェロー 医師とは レジデント

フェローと同じ意味で使われる名称として、他に、「レジデント」があります。

レジデントとは、「住人」という意味です。

昔から、若手医師は、仕事が忙しく、ほとんど病院の中に、住み込むような形で働いていました。

そこで、そのような医師の働き方から、レジデント(病院に住む人)と、呼ばれるようになったのです。

初期・後期研修医、フェローなどに比べると、レジデントは、昔からある若手医師の呼び方です。

また、レジデントも、所属する病院によって、使い方が違ってきます。

初期研修医をレジデントと呼ぶ病院もあれば、後期研修医も合わせて、レジデントと呼ぶ病院もあります。

フェロー医師とは?若手医師の呼び方は、所属する病院による

フェロー 医師とは 若手医師

若手医師の呼び方をまとめると、次のようになります。

  1.  前期研修医またはレジデント
  2. 後期研修医、フェロー、修練医、専攻医またはレジデント

フェローとは、2年間の臨床研修制度を修了し、専門医の研修を受けている医師のことです。

色々な呼び方がありますが、呼び方や期間は、所属する病院によって違ってきます。

自分の役割を確認したり、他の医師との仕事をしやすくしたりするには、配属された病院での呼び方を、確認するようにしましょう。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

医師
転職で天職に就こう!