Advertisements

医者の将来性がある科とは?

医者 将来性 科

医者の将来性がある科とはどこなんでしょうか。

少子高齢化、人工知能による代替医療など、医者が働く環境や必要とされる環境が、変わってきています。

これから、医者として働いていく時には、どのような分野に将来性があるのか、気になるもの。

そこで、医者の将来性のある診療科や各診療科で働くメリット・デメリットを解説します。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

医者の将来性がある科とは?医者の将来性のある科

医者 将来性 科 将来性のある     

AERAdot.が、2016年に「MedPeer(医師専用コミュニティサイト)」を通じて、現役医師545人を対象に、医者の将来性のある診療科について、調査を行いました。

調査結果では、将来性のある診療科に、内科、整形外科、老齢医療という回答が多く挙げられていました。

少子高齢の社会で、今後も、高齢の患者が増えていくと言われています。

内科、整形外科、老齢医療ともに、高齢の患者からの需要が高い診療科です。

将来的にも、ますます、医者が必要とされる診療科目と言えるでしょう。

また、内科、整形外科、老齢医療は、他の診療科に比べると、救急の対応当直勤務が少ないです。

そのため、仕事も、プライベートも充実させながら、長く働きやすい分野と言えます。

次の項目からは、内科、整形外科、老齢医療で働くメリット・デメリットを説明していきます。

医者の将来性がある科とは?内科

医者 将来性 科 内科

メリット

内科は、患者からの需要が多いです。

日本人の場合、「調子が悪いと、とりあえず内科」と考える傾向あります。

そのため、医者の人数も多く、将来的に、開業もしやすいです。

また、医業の世界では、新薬が次々の研究・開発されています。

これまで、外科的な治療が必要だった病気も、薬で治療ができるケースも増える可能性が高いです。

デメリット

一方で、現在、内科医が行っている診断は、「人工知能」に取って代わる可能性が指摘されています。

「症状と検査データがわかれば、人工知能が診断してくれる」

そういった時代がくると、内科医の需要が、少なくなってくるかもしれません。

医者の将来性がある科とは?整形外科

医者 将来性 科 整形外科

メリット

高齢の患者が増えると、転倒したり、骨粗鬆症になったりして、骨折をする人が増えていきます。

最近では、高齢者のロコモティブシンドローム(運動器の障害のために、移動機能の低下をきたした状態)が問題視されています。

今後も、高齢化が進む日本では、整形外科医の需要が、高くなっていくと言えるでしょう。

デメリット

整形外科医のデメリットは、仕事が忙しいことです。

整形外科医は、日常的に患者の手術で忙しく、手術が終わると病棟をまわったり書類業務をしたりと大忙しです。

勤務する医療機関によって違いがありますが、働く場所によっては、仕事の忙しさで、プライベートの時間が、削られていく可能性があります。

医者の将来性がある科とは?老齢医療

医者 将来性 科 老齢医療

メリット

高齢の患者が多い分野は、今後も、医者の需要が高いです。

認知症の患者も増えているので、精神科や心療内科の需要も増えています。

また、在宅医療やリハビリテーション医療は、国の政策として、進めている分野でもあるため、将来的にも、医者として活躍できる場が多いと考えられます。

デメリット

医者が老齢医療の分野で働くデメリットは、「医者としてのやりがい」を感じられるかどうかです。

他の分野に比べると、老齢医療では、専門的な検査・治療行為よりも、基本的な診察や人がらが重要です。

老齢医療では、高齢の患者の健康状態を確認したり、コミュケーションをとったりすることが、必要です。

医者の将来性がある科とは?将来的に厳しい診療科

医者 将来性 科 診療科

将来的に、働くことが厳しくなる診療科には、産婦人科、小児科、外科が挙げられます。

少子化により、産婦人科、小児科を利用する子どもの数が減っています。

また、子どもの診察・治療には、時間がかかることが多いため、病院や診療所としても、採算がとりにくいです。

外科は、以前までは、医者に人気のある診療科でした。

しかし、現在では、外科を志望する医者が少なくなっています。

理由は、高い技術を磨いても、給料が低かったり、地方の外科には患者が少なかったりするためです。

以上のようなことから、産婦人科、小児科、外科は、将来的に、医者が働くことが厳しいと考えられています。

医者の将来性がある科とは?将来を見すえて働いていく

医者 将来性 科 見据えて

医者の将来性がある診療科には、内科、整形外科、老人医療が挙げられています。

医者も働く時には、職種や専門分野の将来性と、自分のプライベートの時間を考えていくことが重要です。

医業には、色々な診療科がありますが、それぞれの診療科には、働いた時のメリット・デメリットがあります。

自分の将来を見すえながら、働く分野や職場を選んでいくようにしましょう。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 休みが全くない
  • 寝る時間がない
  • 命を預かる責任が重い
  • 患者やその家族に逆恨みや罵倒を受ける
  • 時給が低すぎる
  • もっと気楽に医者として働きたい

医師として働いていると、こんな悩みは尽きませんよね。

働いている病院や、診療科によって医師の待遇は天と地ほども差があります。

あなたが医師として働くのが辛いと感じているなら、病院や診療科を変えることで、劇的に仕事が楽に、給料も大幅アップするかもしれません。

自分に最適な病院や診療科を医師転職コンサルタントに相談してみませんか?

もっと楽に、誇りを持って医師として働ける場所を見つけましょう。

医師
転職で天職に就こう!