Advertisements
Advertisements

看護師2年目で仕事ができない解決法

看護師 2年目 仕事 できない サムネイル

看護師2年目で仕事ができない場合、1年目よりも厳しく見られるので評価に悪い影響を与えてしまいます。

そこで看護師2年目で仕事ができない時、どのような要因で仕事ができないのか分かりやすく紹介していきます。

またどのようにすれば、少しでも仕事を行えるようになるのか解決方法を解説します。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 勤務環境がきつ過ぎる
  • 夜勤のないところで働きたい
  • もっとのんびりでできる病院がいい
  • 看護師の同僚と気が合わない
  • 医師と上手く行かない
  • 特定の患者さんともう会いたくない

看護師として働いていると辛いことはたくさんありますよね。

あまりにも仕事が辛いのなら、その病院はあなたに合っていないのかもしれません。

自分の性格ライフスタイルに合った病院なら、もっと楽に、楽しくイキイキと看護師として働けるはずです。

あなたがもっと楽に働ける病院がどこなのか、プロの看護師コンサルタントに相談してみませんか?

今なら看護師転職サポートに無料で相談できます。

▼もっと楽に働ける病院を探す▼

看護師2年目で仕事ができない要因なのが看護業務の幅

看護師2年目で仕事ができない理由なのが1年目より看護業務幅が広がるという部分になります。

基本的に1年目は、簡単な看護業務を担当するケースがほとんどで、少しずつ慣れていくことが可能です。

ただし2年目は重要な看護業務に携わることも多いので、一気に難易度が高くなり、仕事ができなくなる可能性があります。

看護師 2年目 仕事 できない 看護業務の幅

もしもこのような状況になった時、素直に仕事ができないことを先輩看護師上司伝えるのも選択肢一つです。

また看護業務の仕事量を減らすことで、少しずつ慣れるため、仕事ができないという状況を避けられるようになります。

看護師2年目で仕事ができない1つの理由が後輩の存在

必要以上に後輩意識しすぎることで、看護師2年目で仕事ができない要因に繋がる恐れがあります。

特に優秀な後輩が職場に入ってきた時、2年目の看護師と比べられやすいので、気を付けないといけません。

後輩を意識しすぎるのではなく、あくまで自分のペースで看護業務を行うことが重要です。

看護師 2年目 仕事 できない 後輩の存在

看護業務は決してミス許されない仕事なので、まずは丁寧行うのがポイントです。

ミスやトラブルが発生しないように看護業務を行っていけば、その内にコツを掴めます。

看護師2年目で貴重な戦力として成長できるチャンスが生まれるので、あくまで後輩は一人の看護師として見ていくことが大切です。

努力や勉強が足りないことで看護師2年目で仕事ができない可能性

看護師2年目で仕事ができない方の特徴として、看護業務安心してしまう場合があります。

1年目は看護業務に慣れるため、一生懸命努力や勉強を実施していき、戦力として活躍したいという向上心強いです。

しかし2年目はある程度看護業務を行えると安心することで、努力勉強怠ってしまう恐れが出てきます。

そうなると急に2年目で仕事ができないという状況が発生する可能性があります。

看護師2年目は、長い間看護師として勤務している方から見てまだまだ新人です。

看護師 2年目 仕事 できない 努力や勉強が足りない

優秀な看護師として成長するためにはプライベートの時間を利用して、看護師の勉強求められます。

看護師2年目で仕事ができない状況回避に重要なコミュニケーション

1年目の時よりも看護師同士強固信頼関係作ることができれば、看護師2年目で仕事ができない状況を避けやすいです。

看護師 2年目 仕事 できない コミュニケーション

何か分からないことが発生した時は、遠慮せず質問することで、意味用途理解できるようになります。

2年目ということで1年目とは違い、怒られる可能性もありますが致し方ない部分でもあります。

優秀な看護師として成長するには、看護に関する知識やスキルを高めていき、多くの経験を積んでいかないといけません。

また積極的にコミュニケーションを取っていき、強固な信頼関係を築ければ、先輩上司から貴重な看護の聞けるチャンスが出てくるので、極力仕事ができない状況を回避しやすくなります。

効率よく看護業務を実施できるように考える事で看護師2年目で仕事ができない状況を回避

何時までもマニュアル通りに看護業務を実施してしまうと状況によって、看護師2年目で仕事ができないという評価に繋がる恐れがあります。

看護師 2年目 仕事 できない 効率よく看護業務を実施

そこで効率よく看護業務を実施していき、ミスをしないようにするにはどうすればいいのか自分なり考えることが大切です。

効率よく看護業務を行えば、看護師2年目で仕事ができない評価を覆すことができ、高評価を与えられるようになります。

看護師として色んな状況の中で業務を行う可能性もあるため、看護業務の効率アップだけではなく、柔軟性も求められてきます。

色んな状況で看護業務をする時も慌てず冷静に実施していき、効率よく行えるように工夫することが大切です。

色んな要因で発生してしまう看護師2年目で仕事ができない評価

1年目よりも看護業務の幅が広がり、求められる役割増えてきます。

看護師 2年目 仕事 できない 色んな要因で発生してしまう

看護業務の仕事量が明らかに増えるので、看護師2年目で仕事ができないという状況に発展しやすいです。

その他にも後輩を気にしすぎたり、自分を過大評価しすぎることで看護師2年目で仕事ができない状況が発生する時もあります。

少しでも看護師2年目で仕事ができないという評価や状況を避けるため、勉強を積極的に行ったり、同じ職場の看護師と強固な関係を築くことが重要です。

その他にも優秀な看護師として成長するため、効率よく看護業務を実施するにはどうしたらいいのかよく考えて、看護業務行うのがポイントです。

もっと楽な病院で働きたい!

  • 勤務環境がきつ過ぎる
  • 夜勤のないところで働きたい
  • もっとのんびりでできる病院がいい
  • 看護師の同僚と気が合わない
  • 医師と上手く行かない
  • 特定の患者さんともう会いたくない

看護師として働いていると辛いことはたくさんありますよね。

あまりにも仕事が辛いのなら、その病院はあなたに合っていないのかもしれません。

自分の性格ライフスタイルに合った病院なら、もっと楽に、楽しくイキイキと看護師として働けるはずです。

あなたがもっと楽に働ける病院がどこなのか、プロの看護師コンサルタントに相談してみませんか?

今なら看護師転職サポートに無料で相談できます。

▼もっと楽に働ける病院を探す▼

看護師
転職で天職に就こう!